室内装備 車中泊・シート

ステップワゴンのオプションでおすすめとそうでないもの

更新日:

下取りは必ず一括査定サイトを使う!

下取りは必ず一括査定サイトを使う!

これが最初のステップとなります。

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手買取業社の最大10社があなたの車の買取価格を競ってくれます。

それによって結果的に値段がつり上がるのです!

ステップワゴンを購入しようと思ってるけど、どんなオプションがいいのかわからない。

つけすぎると一瞬で予算オーバーになりかねないし…。

たくさんありすぎてわからん〜…。

そんな方のためにステップワゴンのオプションで、おすすめとそうでないものに分けてご紹介します。

スポンサーリンク

ステップワゴンBに標準装備されないオプション


出典:ホンダステップワゴンサイト

ステップワゴンで最もお手頃なのが次のグレードです。

B・Honda SENSING
2,455,920円

ステップワゴンBは、安いかわりに様々な装備が省かれます。

でも、本当になくていいのか?

まずそこを確認しておきたいと思います。

目玉の一つであるわくわくゲートがない


出典:ホンダステップワゴンサイト

新型ステップワゴンの大きな売りの一つでもある「わくわくゲート」。

このわくわくゲートがステップワゴンBには唯一、装備されていません。

これがあることで荷物の積み下ろしがかなりラクになるし、人の乗り降りだってできます。

ユーザーの評価も高いですし、ぜひつけておきたいオプションの一つです。

ステップワゴン わくわくゲートの評判はどんなものか?

新型ステップワゴンの大きな特徴の一つであるわくわくゲートですが、評判はどんなものでしょうか? 一部には「ダサい」「いらない」などの意見も見受けられ、廃止の噂さえありますが、どんなメリット・デメリットが ...

続きを見る

両側パワースライド


出典:ホンダステップワゴンサイト

パワースライドが「両側」でないのはステップワゴンBだけ。

Bは右側(運転席側)スライドドアのみがパワースライドとなっています。

あとのグレードはすべて両側。

サイドエアバッグ・サイドカーテンエアバッグ


出典:ホンダステップワゴンサイト

「1列目シート用 i-サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム」

長〜い名前ですけど。

サイドエアバッグはシートの側面に搭載されるエアバッグで、サイドカーテンエアバッグはカーテンのようにサイドウィンドウ全体を覆うエアバッグです。

どちらも側面衝突時の衝撃をやわらげるためのもので、欧米なんかだと標準装備が義務付けられています。

これが、ステップワゴンB、スパーダハイブリッドBでは装備されませんし、メーカーオプション設定すらできません。

以上のことから、ステップワゴンのグレードはガソリン車・ハイブリッド車ともにG以上にされることをおすすめします。

スポンサーリンク

全タイプ標準装備が嬉しいオプション


出典:Honda純正アクセサリーサイト

今度はステップワゴンの全タイプに標準装備されているオプションをピックアップ。

標準装備されているオプション?ってちょっと表現がおかしい気もしますが。

ホンダセンシング


出典:ホンダステップワゴンサイト

ホンダセンシングは衝突軽減ブレーキや誤発進抑制機能など8つの安全機能がパッケージングされたものです。

これがステップワゴンでは全タイプ標準装備。

これだけ充実した内容が標準でついているのは他のメーカーではなかなかありません。

ホンダセンシングの評価はステップワゴンではどうか?

ステップワゴンは全車にホンダセンシング(HONDA SENSING)が標準装備されています。 これは8つからなる安全装備のパッケージ。 具体的には、それぞれどんな機能なのでしょうか? 安全装備はメーカ ...

続きを見る

マジックシート


出典:ホンダステップワゴンサイト

3列目シートを分割して床下格納できるのがマジックシート。

3列目の左側シートを格納しておけば、わくわくゲートから乗り降りが可能になります。

2列目がキャプテンシートならそのまま運転席までアクセスすることもできます。

もちろん、左右両方とも3列目シートを丸ごと格納して荷室として最大限活用するのもアリです。

リアヒーターダクト

後席用の足元にあるヒーター。

これは競合車では寒冷地仕様などのオプションをつけなければ設定できなかったりしますが、ステップワゴンでは全タイプ標準。

冷え性の女性に喜ばれそう。

では、次からステップワゴンのオプションでおすすめなものと、おすすめでないものをみていきましょう。

ステップワゴンのオプションでおすすめなもの

ディーラーオプション純正ナビ

Gathers
出典:ホンダステップワゴンサイト

ステップワゴンのナビにはメーカーオプション扱いのものとディーラーオプション扱いのものがあります。

おすすめはディーラーオプションの「プレミアム インターナビ」です。

これは10インチ大画面までラインナップされています。

ただ27万円と少しお高めなので、機能的には同じで9インチあたりがおすすめ。

これだと23万円程度になります。

社外ナビのおすすめもありますが、くわしくは別記事にて扱っていますのでよろしければそちらを参照してください。

おすすめ

ディーラーオプションナビ

  • 10インチ プレミアムインターナビ:270,000円
  • 9インチ プレミアムインターナビ:226,800円
ステップワゴン ナビの取り外し方(RP型)と走行中に操作する方法

ステップワゴンに限らずナビ操作は通常、走行中にはできないようになっています。 ただし、ナビを取り外し、市販のハーネスキットを利用すれば、走行中でもナビ操作やテレビ・DVDの視聴が可能になります。 ここ ...

続きを見る

ハンズフリースライドドア


出典:Honda純正アクセサリーサイト

これがあれば両手が荷物でふさがっていても、子どもを抱っこしていても、ドアの下にパッと足をかざすだけでウィーン、です。

スライドドア左側に設定することができ、お値段もそんなに高くないんですね。

おすすめ

ハンズフリースライドドア(リア左側パワースライドドア用)
29,160円

USBチャージャー

USBチャージャーUSBチャージャー
出典:Honda純正アクセサリーサイト

ステップワゴンの充電まわりは、ハイブリッド車では運転席と助手席の間のセンターコンソール後方に2つあります。

が、ガソリン車ではありません。

ですが、このUSBチャージャーは全タイプに設定可能です。

スマホ・タブレットを始めとしてデジタルデバイスの充電が車でできると、子どもにガンガン使われてもへっちゃらです。

おすすめ

USBチャージャー

  • フロント用 2口(5V・最大2.1A):10,800円
  • 2列目用 1口(5V2.1A):12,960円

両方で23,760円。

子どもがいて長時間ドライブを頻繁にする人は、ぜひつけておきたいオプションです。

そんなに車で遠出することがない人は、車につけなくても普通のモバイルバッテリーもいいかもしれません。

ただ、モバイルバッテリーも容量が大きなものはそれなりに値がはるものもありますし、当然バッテリーの充電が必要です。

車で充電できるなら、いざというときも役に立ちます。

スマートクリップ+タブレットホルダー

スマートクリップタブレットホルダー
出典:Honda純正アクセサリーサイト

スマートクリップとタブレットホルダー、そして当然タブレットそのものが必要ですが、これがあれば後席用モニターなど要らないと思うんです。

後席用モニターって確かにめっちゃかっこいいんですけど、今の時代タブレットがあれば事足りるわけです。

後席用のモニターをつけるんだったら、よっぽどこっちの方が、コスパが高い。

特に運転席と後席で同じ映像を見たい!とかっていうニーズがあるのなら別ですが、そうでないならこのオプションをつけて、タブレットを買いましょう。

おすすめ

  • スマートクリップ:7,560円
  • タブレットホルダー:5,400円

両方で12,960円。

では、次にあまりおすすめしないオプションです。

スポンサーリンク

ステップワゴンのオプションでおすすめしないもの

おすすめしない理由の多くは、社外品がより安くで簡単に手に入れられるものが多いからです。

ドアバイザー

ドアバイザー
出典:Honda純正アクセサリーサイト

ドアバイザーってオプションなんですね。

どんな車にも標準でついているかと思いきや。

確かにステップワゴン公式サイトのステップワゴン画像にはドアバイザーがありません。

ドアバイザー自体はつけておいた方がいいと思うんですが、オプションでつけると22,680円もします。

これは社外品で十分!

おすすめしない

ドアバイザー
22,680円

ラゲッジオーガナイザーボックス

ラゲッジオーガナイザーボックス
出典:Honda純正アクセサリーサイト

これは荷室空間を上下にわけて使用できるようにするものです。

荷室の効率的な利用にはいいのですが、なんというか、3万円近くだして買わなくてもDIYで同じようなものが作れるんじゃないかと思います。

つっぱり棒買ってきて、それに布をとりつけたらいいだけような…。

おすすめしない

ラゲッジオーガナイザーボックス:29,160円

連結マット・カーテンセット・プライバシーシェード

連結マットカーテンセットプライバシーシェード
出典:Honda純正アクセサリーサイト

車中泊をするのに必須となってくるのが、フルフラットにしたとき用の連結マット。

あとはカーテン系ですね。

でも価格が高すぎ!

ステップワゴンで車中泊するときの定番グッズ記事でおすすめしているような社外品で十分です。

ステップワゴン車中泊グッズの定番は?ベッド・マット・カーテンなど

最近、人気が高まっている車中泊。 車中泊専門の雑誌やサイトも増えていて、車中泊人口は全国で100万世帯とも言われています。 道の駅はTVで話題になることも多く、車中泊人気を後押ししています。 ステップ ...

続きを見る

プライバシーシェードくらいはオプションでつけてもいいですが、あとの2つはかなり高いので、ネットで探した方がよっぽど安くで手に入ります。

この辺があれば本格的な車中泊もできますね。

おすすめしない

連結マット:32,400円
カーテンセット:45,360円
プライバシーシェード:8,640円

ステップワゴンのオプションでおすすめとそうでないものまとめ

いかがでしたでしょうか。

ステップワゴンのオプションでおすすめなものは以下です。

おすすめオプション
・純正ナビ「プレミアム インターナビ」(10or9インチ)
・ハンズフリースライドドア
・USBチャージャー
・スマートクリップ+タブレットホルダー

逆に、社外品などで済ませた方がいい、おすすめでないオプションは次のとおりです。

おすすめしないオプション
・ドアバイザー
・ラゲッジオーガナイザーボックス
・連結マット&カーテンセット&プライバシーシェード

基本的にはオプションで扱われているものはネット手に入りますし、多くの場合より安いです。

そこのところをしっかり確認してオプション選びをしましょう。

それでは最後までお読みくださりありがとうございました。

ステップワゴンが値引き金額からさらに50万円安くなる方法

「予算オーバーだ…」
「自分で値引き交渉がうまくできるか…」
「車に詳しく頼れる友だちが周りにいない…」
「たくさんのディーラーを回るだけの時間・体力・気力がない…」
「そもそも車の買い方ってよくわからない…」
「どうしたら最安値で買えるのだろう…」

こういった悩みは尽きませんよね。

多くの方がそうです。

ネットで色々ステップワゴンについて調べても、クローズアップされるのは性能などの話ばかり。

費用や値引きに関しては一体何を信用していいかわからないし、詳しく説明されているものも少ない。

こういうことに詳しい友人や同僚などがいるわけではない。

家族に相談しても、ただ安ければいいという発想。

…どうすれば。

そんなあなたにオススメの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使う!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あるのです。

一括査定サイトを使うことで、大手買取業社の最大10社があなたの車の買取価格を競ってくれます。

それによって結果的に値段がつり上がるのです!

車の査定、後回しは本当に損をします!

この24時間で人気の記事

-室内装備, 車中泊・シート

Copyright© イチからわかるステップワゴン , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.