スパーダ ハイブリッド車 他車比較

ステップワゴンスパーダ・ハイブリッドの口コミとミニバン比較

更新日:

下取りは必ず一括査定サイトを使う!

下取りは必ず一括査定サイトを使う!

これが最初のステップとなります。

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手買取業社の最大10社があなたの車の買取価格を競ってくれます。

それによって結果的に値段がつり上がるのです!

国内で人気のミニバン市場。

これを牽引するのが日産セレナ、トヨタ・ヴォクシー、そしてホンダ・ステップワゴンです。

販売台数ではセレナ・ヴォクシーに大きく水をあけられるステップワゴンですが、ユーザーの声である口コミではどのような評価になっているでしょうか。

結果はかなり興味深いものでした。

スポンサーリンク

ステップワゴンスパーダ・ハイブリッドは口コミで高評価


出典:ホンダステップワゴンサイト

ステップワゴンの口コミ評価は、実はポジティブなものが多いんです。

これから各項目について口コミをチェックしていくのですが、どの項目でも概して評価が高いのがステップワゴンの特徴。

一方でライバル車セレナ・ヴォクシーはどうなんでしょうか?

セレナ・ヴォクシーとの比較から見えてくること

Nissan SERENA
出典:日産セレナサイト

人気ミニバン3車種の口コミを比較すると面白いことがわかりました。

販売台数的にはセレナ・ヴォクシーがリードしているのに対して、ユーザーの評価がダントツで高いのはステップワゴンだったのです。

安全性能・居住空間・e-POWERなどセールスポイント盛りだくさんのセレナ。

運転していると街中で最もよく見かける(気がする?)ヴォクシー。

口コミも当然高評価が多いと思いきや、実際は意外にもステップワゴンユーザーの満足度が最も高いんですね。

レビュー投稿から口コミを調査・比較


出典:トヨタヴォクシーサイト

今回は「価格.com」のレビューを参考にさせてもらいました。

こちらのサイトでは、車種ごとにエクステリア・インテリア・価格など全7項目に分けたレビューが紹介されています。

各項目は車種ごとだけでなく、全車種を通したランキングというのも紹介されています。

これで見たときに、ステップワゴン・セレナ・ヴォクシーの相対的なポジショニングがわかるのです。

では具体的な口コミ内容を見ていきましょう。

まず3車種の大きな比較について触れてから、ステップワゴンのレビューを項目別に取り上げていきます。

ちなみに、それぞれステップワゴンスパーダ・ハイブリッド、セレナe-POWER、ヴォクシー・ハイブリッドについてのレビューになります(2019年1月5日時点)。

スポンサーリンク

ステップワゴンスパーダ・ハイブリッドは全車種通しても高評価

ステップワゴンのエンジン・走行性能

高速 道路 群馬 北関東自動車道 空 雲 オーヴ オーブ 逆光 輪 光 車線 車 山 15
出典:PhotoAC

まず注目したいのは「エンジン性能」「走行性能」。

これがステップワゴンは、全車種を横断したランキングで、それぞれ5位・7位です。

ミニバンだけでなく、比較対象すべてのクルマで、ですよ。

めちゃくちゃ評価高いですよね。

一方でセレナは65位・74位、ヴォクシーは139位・107位。

ステップワゴンの圧勝。

この3車種比較のみならず、その他の車種を合わせてもステップワゴンという車への評価は高いのです。

ステップワゴンの乗り心地・燃費

ステップワゴンは「乗り心地」「燃費」でも30位・16位で、セレナ・ヴォクシーを上回っています。

これもかなり高い評価ですよね。

その他の項目では、エクステリア・インテリアがセレナ、価格がヴォクシーの勝利といった結果です。

このようにステップワゴンはセレナ・ヴォクシーと比べて口コミ評価がかなり高いのですね。

販売台数は振るっていない一方で、ユーザーの評価は3車種中最もいいのです。

しかも、この3車種に限らず「自動車全体」で見てもトップレベルなのですね。

セレナ・ヴォクシーの陰に埋もれがちでしたが、ステップワゴンスパーダ・ハイブリッドの見方が変わりそうです。

では、個別の項目について具体的に見ていきましょう。

エクステリアの口コミ

エクステリアの口コミではフロントデザインである「顔」とテールゲートの「わくわくゲート」に注目。

ステップワゴンの顔


出典:ホンダステップワゴンサイト

ステップワゴンの「顔」は、フロントグリルやヘッドライトなどフロント部分全体のエクステリアで決まります。

スパーダは2015年4月のフルモデルチェンジで今の見た目となりました。

ちなみにスパーダのハイブリッドは、2017年9月のマイナーチェンジから新たに設定されています。

見た目は個人の趣味によるところが大きいですが、どういった評価がされているでしょう。

実際の口コミ

「マイナーチェンジ前のフロントの顔つきよりも角ばった形となり見た目も好み」

 

「マイナーチェンジ前のフロントの顔つきよりも角ばった形となり見た目も好み」

 

「ハイブリッド追加前のフェイスはつるんとしててあまり好きではありませんでした」

 

「前モデルに比べてカッコいい顔つきが好きで購入の決め手の一つに」

 

など好印象のようです。

より直線的になって”強い”顔になったのが受けています。

わくわくゲート

わくわくゲート
出典:ホンダステップワゴンサイト

わくわくゲートはステップワゴンの大きな特徴の一つです。

テールゲート(後部荷室のドア)を横開きにすることができるという、他の車種ではそう見かけない仕様になっています。

駐車したとき後方に限られたスペースしかなくても効率よく開け閉めすることができます。

 

「わくわくゲートは本当に便利です」

 

「わくわくゲートの評価は分かれますが、私は後ろから見たときの非対称な形がむしろ好きです」

 

「アシンメトリーなわくわくゲートも見ていて落ち着かないというか違和感があります」

 

このような口コミが見られます。

機能性には非常に優れていますが、左右非対称な見た目が気持ち悪いという感覚がわからなくもないですね。

ステップワゴンわくわくゲートの評判については賛否があります。

スポンサーリンク

インテリアの口コミ

インテリアの口コミではインパネ、室内、ウィンドウを取り上げます。

インパネ

飾り立てず、質を究める。
出典:ホンダステップワゴンサイト

インパネとは「インストルメントパネル」(instrument panel)のことで、一般的には助手席側を含む室内前面のパネル部全体を指します。

メーターまわりやダッシュボードなどですね。

 

「黒基調で落ち着いています」

 

「プラスチックも多様しているのでトヨタ車に比べたらチープ感がある」

 

「全体的に直線基調で見やすくスッキリとした感覚」

 

などの声。

スパーダ・ハイブリッドのインパネはブラック調一択なのですが、それがいいという見方の一方で、ホコリが目立って他のカラー設定を望む意見もあります。

ステップワゴン(新型)の内装をヴォクシー・セレナ比較すると、また違った視点から捉えることができます。

エンジン性能・走行性能の口コミ


出典:ホンダステップワゴンサイト

さっきも少し触れましたが、具体的な口コミはどうでしょうか。

ステップワゴンスパーダ・ハイブリッドは「SPORT HYBRID i-MMD」というハイブリッドシステムを搭載。

これがパワフルかつ静粛性の高い加速を実現します。

またシーンに合わせて3つの走行モードを選択することができます。

EVドライブ、ハイブリッドドライブ、エンジンドライブという3つのモード。

これに加えて通常のDモード、よりスポーティな走りをするためのSモードもあります。

口コミは以下のようなものがありました。

 

「一般的な平坦地ではEVモードで走ることも多いため静粛性は抜群です」

 

「普通のDモードでも加速は力強く感じます」

 

「Sモードはとても力強い走りに激変します」

 

この走りという部分がステップワゴンスパーダ・ハイブリッドの評価で最も高いところです。

ミニバンらしからぬパワフルな走りができるので、ファミリーユースだけど同時に走行性能も重視したい人に向いていると言えます。

乗り心地の口コミ


出典:PhotoAC

乗り心地の口コミも好評価なものが多いと感じます。

 

「路面の突き上げ・振動気にならない」

 

「運転手には悪いが、気持ちよくて眠ってしまう」

 

「ロールが少ない」

 

「静粛性が高い」

 

こういった声が聞かれました。

この辺は例えばセレナe-POWERなどは微妙な口コミが少なくない印象でしたが、ステップワゴンではそれほどではありません。

ロールとは、簡単にいうとコーナーを曲がるとき車体が左右に傾いてしまうことです。

「ロールが大きい」などと表現し、大きいとコーナリングが不安定になることを意味します。

ミニバンは車高が高いのでここが問題になりやすいのですが、ステップワゴンでは比較的安定しているという見方が多いです。

赤ちゃんも安心してスヤスヤ眠っていられますね。

燃費の口コミ


出典:PhotoAC

ステップワゴンの燃費に関する満足度は高いです。

価格.com項目別ランキングではセレナ49位、ヴォクシー24位に対してステップワゴンは16位。

JC08モードの数値上はセレナe-POWERが最も高い26.2㎞/L。

ステップワゴンスパーダ・ハイブリッドは25.0㎞/Lと少しセレナを下回っていますが、実燃費がいいのでしょうね。

燃費性能は市街地・郊外・高速道路などの走行シーンやエアコン使用の有無など季節によっても変化します。

ドライバーの運転の仕方も影響しますし、一概に比較することはできませんが、ステップワゴンの燃費性能への評価がおしなべて高いことは事実です。

価格の口コミ

価格の口コミでは、「高い」というものが多いです。

このクラスのミニバンともなれば、そりゃあそれなりにするわけですね。

特に先代と比べて高くなったと感じる人が多いのですが、これには理由があります。

標準装備となるホンダセンシング

Honda SENSING
出典:ホンダステップワゴンサイト

ステップワゴンは「Honda SENSING(ホンダ センシング)」が標準装備です。

しかもスパーダ・ハイブリッドだけでなく、”全車標準装備”なのです。

ここがステップワゴンの素晴らしいところだと思います。

例えばセレナでしたら確かに評判通り先進安全装備は充実していますが、プロパイロットなどを含むオプションは設定できるグレードが限られていますし、しかもその価格は20万円以上にもなります。

ステップワゴンでは全グレードについて、8つの先進機能がパッケージングされたホンダセンシングが標準で設定されているのです。

交通事故の軽減・撲滅は企業として取り組むべき課題ですから、価格は多少割高となっても評価していいポイントではないでしょうか。

ステップワゴンスパーダ・ハイブリッドの口コミまとめ

ステップワゴンは、セールスではセレナ・ヴォクシー2強に後塵を拝しており、そこと比べると影が薄い。

でも、ひとたびユーザーの口コミ・満足度に視点をシフトすれば驚くべき高評価。

特に”走り”への好評価が目を惹きます。

今ひとつ話題性には欠けているかもしれませんが、安全装備も含めてしっかりセールスポイントはあるんです。

モデルチェンジなども経て、今後ミニバン市場でステップワゴンスパーダ・ハイブリッドの巻き返しがあってもおかしくありません。

それでは最後までお読みくださりありがとうございました。

ステップワゴンが値引き金額からさらに50万円安くなる方法

「予算オーバーだ…」
「自分で値引き交渉がうまくできるか…」
「車に詳しく頼れる友だちが周りにいない…」
「たくさんのディーラーを回るだけの時間・体力・気力がない…」
「そもそも車の買い方ってよくわからない…」
「どうしたら最安値で買えるのだろう…」

こういった悩みは尽きませんよね。

多くの方がそうです。

ネットで色々ステップワゴンについて調べても、クローズアップされるのは性能などの話ばかり。

費用や値引きに関しては一体何を信用していいかわからないし、詳しく説明されているものも少ない。

こういうことに詳しい友人や同僚などがいるわけではない。

家族に相談しても、ただ安ければいいという発想。

…どうすれば。

そんなあなたにオススメの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使う!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あるのです。

一括査定サイトを使うことで、大手買取業社の最大10社があなたの車の買取価格を競ってくれます。

それによって結果的に値段がつり上がるのです!

車の査定、後回しは本当に損をします!

この24時間で人気の記事

-スパーダ, ハイブリッド車, 他車比較

Copyright© イチからわかるステップワゴン , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.